スマホを見るとき、首や肩への負担は〇倍に・・・肩こりとストレートネックにつながるスマホ首にご注意

あなたは毎日スマホ使っていますか?

何に使っていますか?

お店に来られるお客様とよく話になるのは、スマホのこと。

ゲームをしたり、インターネット検索したり、友達とLINEしたり。

なにか目的があるというよりも、通勤時間の電車が来るまでや電車の中だったり、昼の休憩時間だったり、寝る前だったり。

暇つぶしで使う方が多いようです。

暇つぶしで使っているので、気が付いたら1時間、2時間たっている。。。なんてことも。

スマホがないと心配になる、、という方もいらっしゃいます。

見るのが癖になってしまって、見ないでおくことが我慢できない、という方も。

そのくらい、私たちの生活になくてはならないものになっています。

ところで、自分の頭の重さってどのくらいか、ご存知ですか?

私たちの頭の重さはだいたい5~6キロあります。

ボーリングの玉と同じくらいの重さです。

けっこう重たいですよね。

この重い頭を、体は上手にバランスをとって支えています。

スマホを見るとき、自然と頭は前に傾きます。

こうして頭が前に傾くと、首や肩に負担がかかります。

どのくらい、負担がかかるのかというと、頭を前に15度傾けると、首にかかる負担は約12キロに。

頭を60度傾けると、首にかかる負担は27キロになるそうです。

これは実に、頭の重さの約5倍。

5倍もの重さの頭をどこが支えているかというと、首のうしろから肩にかけてある筋肉(僧帽筋)。

ここの筋肉に負担がかかるので、スマホの使い過ぎは肩こり、首の痛みにつながるのです。

首には自然なカーブがあるのですが、頭を前に傾ける時間が長くなると、首の自然なカーブがなくなり、「ストレートネック」になりやすくなります。

ストレートネックは、頭痛や肩こり、首こりの原因となります。

スマホを見始めると、熱中してしまい、あっという間に1時間くらい過ぎてしまったということもあるかと思いますが・・・

スマホを見るときは、せめて、頭があまり前に傾かないように、体の上に頭が乗るようなイメージで使うようにして、スマホ首にならないよう気をつけたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
PAGE TOP