私だけ?生理前、寝付くのに何時間もかかる、夜中に目が覚める

生理前は、夜かなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまうことはないでしょうか。

こちらの記事では、夜寝る前に入浴することで、一度体温を上げて、下がる仕組みを利用して入眠しやすくなる方法をご紹介しました。

しかし、女性は月経リズムによって、女性ホルモンの分泌が変わります。

このホルモンの変化で、基礎体温にリズムができます。

排卵ごろから生理までの14日間は体温が0.5度高くなり、夜の体温の下がり方が十分ではなくなります。

そのため、生理の前は寝る前にうまく体温をさげることができなくなり、寝付くまでに時間がかかったり、途中で目が覚めてしまうのです。

また、生理前は、眠気を誘う「メラトニン」の分泌も低下するので、睡眠の質も悪くなります。

しっかり睡眠がとれないので、疲れも取れにくく、生理前の肌荒れや便秘などの不調も招き、イライラやうつうつとした気分になってしまうのです。

 

女性の体は生理周期で変わるもの。

生理前から意識して、寝る前はお風呂に入ってリラックスする、ストレスや疲れを溜めすぎない、気分転換を上手にするようにしてください。

責任感が強く、任された仕事を一生懸命する人こそ、この時期は普段頑張っている自分をほめて甘やかしてほしいです。

生理前についイライラして周りに当たってしまったり、うつうつと落ち込んでしまったり、気持ちのアップダウンが激しくてしんどいなあと言う方、ぜひ生活リズムの見直しをしてみてくださいね。

関連記事

  1. 良質な睡眠は寝る前の行動だけで得られるものではない

  2. 子供のころから不眠で眠れなかったのに、ヘッドマッサージで朝ま…

  3. 山積みの仕事をこなしたいのに眠い!ベストな仮眠の取り方とは

  4. 夜のぐっすりは朝食から 快眠のための朝とるべき食材

  5. 夜中に何度も目が覚める・・その原因と改善方法

  6. 一日の終わりに、疲労回復のためのお風呂の正しい入り方