頭が重い、イライラする、疲労感が取れない、よく眠れない・・・それはもしかすると〇〇が原因かも

お店に来られるお客様がよくおっしゃられるのが、

「頭が痛いというより、重たい」

「ダル重い」

「イライラする」

「寝ても疲れがとれない」

「よく眠れない」

「なんかいつも体調が悪い」

 

調子が悪いから、病院へ行くのだけど原因となる病気も見つからない。

ストレスですね、と言われて帰る。

 

どうにかしたいんです。

いつもどこか調子悪いけど、このつらさは周りの人にはわかってもらえなくて。

身体が重たい感じがするから、何をするのもおっくうで。

やる気も出ないし、やる気になってもその気力が続きません。

もっとしゃっきりして、サクサク仕事をやりたいし、家族にイライラしたりしないで、楽しく過ごしたいんです。

 

 

周りの理解が得られない体のつらさ。

しんどいですよね。

もっと元気にハッピーに過ごしたいですよね。

 

その不調、もしかすると、脳脊髄液に原因があるかもしれません。

 

体の中をめぐっている液体には、「血液」「リンパ液」「脳脊髄液」というものがあります。

脳脊髄液というのは、頭蓋骨と脊柱の中にあって、脳と脊髄を守る液体です。

1日に3~4回入れ替わって、いつも新鮮な脳脊髄液が、脳と脊髄を満たしています。

脳は、水の中に浮かぶお豆腐のようなもので、刺激にとても弱いです。

ですので、脳脊髄液が刺激から守ってくれているのです。(脳は一度壊れたら再生できないですからね)

 

脳脊髄液は、血液の一部なのですが、心臓から脳に行った動脈の血液から作られて、脳と脊髄を潤しながら、静脈に入って心臓に戻ります。

この脳脊髄液がきちんと生成され、循環することで、適量に保たれていれば、疲れにくく、健康な体でいられると考えられます。

 

しかし、姿勢が悪いまま一日中パソコンに向かっていたりすると、脳脊髄液を循環させるポンプの動きが悪くなります。

ポンプの動きが悪くなると、脳脊髄液がうまく循環することができなくなり、

「全身倦怠感」「寝付けない」「だるい」「やる気が起きない」「イライラする」「うつっぽい」

などのまわりに理解されにくい、でも自分にとってはとてもつらい不調が出るようになります。

 

 

 

当店のヘッドマッサージでは、脳脊髄液を循環させるポンプの動きをよくする方法を取り入れています。

ですので、受けた後にスッキリした!というのはもちろんですが、「受けた日の夜によく眠れた!」「翌朝目覚めがすごくよかった!」「すごい気分が爽快でいろんなことをやりたい!」というお声が多いのはそのためです。

 

脳脊髄液のめぐりが悪くなっていることが原因による、体の不調から解放されると、あなたの本来の健康な状態にもどって、

朝の目覚めがとてもよく、気分のいい一日が過ごせます。

関連記事

  1. 顔をもみくちゃにしてほしい

  2. 受験生を持つお母さんの脳疲労

  3. 通勤電車の中で咳ひとつできない・・・緊張からひどい肩こりに

  4. 私だけ?生理前、寝付くのに何時間もかかる、夜中に目が覚める

  5. 毎月、大容量の頭痛薬を買っていたのに飲まなくなりました

  6. 夜中に何度も目が覚める・・その原因と改善方法