夜中に何度も目が覚める・・その原因と改善方法

こんにちは、ゆほ楽です。

夜中に何度も目が覚める、その後なかなか眠れない。

こんなにつらいことはありませんよね。

夜中に目が覚めてしまうと、もう一度睡眠リズムを取り直さなくてはいけないので、疲れが取れにくい、睡眠時間が短い、睡眠障害になるなどが起こります。

せっかく早く寝たのに、朝起きたら疲れが残っている・・・というのも残念ですよね。

 

夜中に何度も目が覚めることを「中途覚醒」と言います。

布団に入るとさっと眠れるのに、夜中に起きてしまう。

布団に入ってもなかなか寝付けないのが不眠症、というイメージですが、

すぐに寝落ちできるのに、夜中に何度も目が覚めるのも、実は不眠症の一種です。

 

中途覚醒をそのまま放置すると、

  • 疲れが取れない
  • 頭がぼーっとするのでミスが増える
  • 脳の疲れがとれないのでイライラする、やる気が起こらなくなる

 

などの不調が出ます。

 

不眠症の一種ですので、ほうっておくと、うつ病になる危険性もあります。

 

中途覚醒を起こす原因は

  • アルコール、カフェインの摂取
  • ストレス
  • 食生活の乱れ(夜遅くに食べるなど)
  • 身体的疾患(睡眠時無呼吸症候群など)

 

などが考えられます。

 

薬に頼ったり、病院へかかったりと、深刻化する前に、自分で改善する方法をお伝えします。

 

 

◆寝る直前のアルコールを控える

眠れないからと言って、お酒に頼って眠るのはやめましょう。

確かに、お酒を飲むと気持ち良くなって、寝つきが良くなりますが、一時的に脳がマヒしているだけです。

夜中にアルコールが切れると目が覚めて、睡眠が途切れます。

もし、アルコールを飲むなら、寝る3時間前までにしてみましょう。

 

◆食事の時間や内容を考える

寝る直前に食事をすると、寝ている間も胃腸が働くことになり、体が休まりません。

また、脂っこいものは胃腸に負担をかけます。

遅い時間しか食事ができない場合は、胃腸に負担のかからないあっさりしたものにしましょう。

 

◆生活リズムを整える

毎日同じ時間に寝て、起きることを心がけましょう。

寝る時間、起きる時間がバラバラだと、体内時計のリズムが崩れ、睡眠障害が出やすくなります。

 

◆寝る前は嫌なことは考えない

1日の反省をすることは大切なことですが、嫌なことを思い出して反省してもいいことは何もありません。

今日1日の良かったことだけを考えましょう。

 

 

質のいい睡眠は、心身ともに健康であることで得られます。

 

いつも忙しくて気持ちが落ち着くことがない、ストレスでイライラしている、自律神経が乱れて満足な睡眠を得られない

そんな方にはぜひヘッドマッサージと腸セラピーをおすすめいたします。

体の中から整えて、良い睡眠をとり、翌日に疲れを残さない快適な生活を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP