年とともに写真に写るのが嫌でしたが、最近はうれしくて自分で撮っています

毎月、定期的にお顔ほぐしにお越しの50代のお客様。

毎回とても楽しみに通ってくださっています。

「いつも、お顔ほぐしが終わったとたん、また受けたくなるんです。」

そんな風におっしゃっていただいて、喜んでいただけて、私もとてもやりがいを感じています。

いつもありがとうございます。

お顔ほぐしを受け始めて数か月たったとき、お着替えが終わってお会計されるときにぽつりとお話しされました。

実はね、前は、年取ってきて、自分の顔を鏡で見たり、写真撮られたりするのがすごく嫌になってたの。

だって、老けたな~、たるんだな~って、自覚するとショックじゃない。

もう、自分の顔みるのやだやだって思ってた。

それがね、お顔ほぐしを受けるようになって、会社の人とか、友達とかに、

『やせたんじゃない?』『顔小さくなったんじゃない?』『きれいになったけど何かしてるの?』

ってよく聞かれるようになって。

そういえば、私顔が変わってきたな~って思うようになった。

写真もね、写っても平気になったの。

自信が出てきたっていうか。

うれしいよね、この年でもきれいになれるって。

お顔ほぐしは、肩こりとか首のこりとかもとれて、体も楽になるし、顔もきゅっと引きあがって見た目も変わるから、

もう、私やめられないわ~」

こんなに喜んでいただけて、私も本当にうれしいです。

初めてお顔ほぐし受けられたときに比べると、フェイスラインがすっきりしただけでなくて、目に力が入って、輝いています。

自分の見た目が変わると、内面も変わるんだな~って、お客様から教えていただいています。

「お顔ほぐし受けるのを楽しみに、また仕事がんばるからね」

いつもそうおっしゃっておかえりいただくお客様。

これからも、一生懸命施術させていただきます。

宜しくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP